代表者挨拶

鈴木 章裕
代表取締役会長
鈴木 章裕
私達は圧倒的な小コストで最高のパフォーマンスを提供できる企業を目指します。
私には9才の息子と7歳の娘と4歳の息子がいます。彼らの世代が成長し、 大学を卒業した際に、今より良い日本にし、彼らにバトンタッチする使命が 私達にはある、と心に誓っております。

私達の業界であるインターネット産業は変化が大きく、そのスピードが速いです。 未来はどうなるか分からない。ネットの覇者は5年以内に必ず変化してきました。 たとえば、1995年のマイクロソフトがウィンドウズ95を発売に始まり、 マイクロソフトからAOL、AOLからYahoo!、Yahoo!からGoogle、GoogleからFacebookなど インターネット産業の覇者はめまぐるしく変化してきました。

現時点で5年後の覇者は決まっていない。言い換えれば自分達で 未来を創ることができる。私達の手で未来を変える事ができる。 変化が激しいということは、それだけ若者にチャンスがある環境だといえるのです。 時代に流されるより、時代を創っていくほうが間違いなく 充実した時間を手に入れることができると、私は思ってます。

一度しかない人生なので、後悔しないように常にチャレンジ、常に前進し、 トータルをハッピーにするサービスを提供する会社を創っていきます。

現状に満足することなく、素晴らしい仲間と一緒に、 世の中やお客様を便利にするアドプラットフォームや デジタルマーケティング支援ツールを創造し、 社会に貢献する存在になります。

2013年9月4日
代表取締役会長
鈴木章裕
橋本 剛
代表取締役社長
橋本 剛
「必要とされる企業・集団」であり続ける。

企業において、事業内容はもちろん大事ですが、それよりも、「誰とやるか」が私は大事だと考えております。

頭が良いに越したことはありません。 技術が秀でているに越したことはありません。

しかしながら、誤解を恐れずに言うと、一番重要なのは、「責任感」だと私は思っております。

責任感があるから、手を抜かず、妥協せず、諦めない、質の高い仕事に繋がります。 責任感があるから、お客様のご相談に親身になって取り組み、不足している部分は努力・経験し、知恵や技術を積み重ねて行く事ができます。 責任感があるから、重要な仕事を任せられる機会を得る事ができます。 責任感があるから、お客様の業績、当社の業績を伸ばせるよう真剣に考え、新規事業の立案、発展にもつながります。

お客様から「必要とされる」企業であるためには、社員一人一人が「必要とされる」集団でなくてはならないと考えます。

GeeeNは、たとえ、困難な道であっても、諦めずに、「責任感」を持って、お客様の問題解決に向けて全力を注ぎます。

お客様から「必要とされる」企業、そして、社員から「必要とされる」企業として、GeeeNを成長させて行くことが、私のミッションと考え、日々精進していく所存でございます。

皆様方のご支援とご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年9月16日
代表取締役社長
橋本剛